イベント

イベント

 

I-カーニヴァル(Carnaval(カルナヴァウ))

 

カーニヴァルの起源

カーニヴァルの起源について、実は正確には分かっていない。しかし、キリスト教とは異なる多神教の祭が元だと考えられている。その祭は豊作を祝い、感謝する収穫祭だったようだ。キリスト教の時代になると、多神教は排斥され、祭からは多神教的な性質が薄れていった。その結果、祭はQuaresma(クァレスマ)が始まる前の数日間にだけ行われる、「謝肉祭」へと変化していった。

 

カーニバル:一説によればラテン語でCarnem levare“「お肉よさようなら」と言う意味だ。謝肉祭の最後の日にCarnem levare と言っていたことから名前がついた。

 

ブラジルのカーニヴァルの起源

 

ブラジルのカーニヴァルの起源はEntrudo(エントゥルード)と呼ばれるポルトガルの祭だ。

Entrudoは17世紀にブラジルに伝わった。言葉の意味はラテン語でQuaresmaに入る前の祭りと言うことだ。

Entrudoは、街中での遊びや喧嘩といった性格があり、人々は卵や泥や汚水や粉を投げあったりしていた。また、ほうきで殴りあうこともあった。過激さは年々エスカレートしていく一方だったので、ブラジルでは政府によって禁止されてしまい、より平和的で穏やかな祭に変わった。

 

カーニヴァルの発展

 

それではリオのカーニヴァルがどのようにして、現在の形になっていったのだろうか。

19世紀頃のカーニヴァルには2つの流れがあった。ひとつは裕福な者たちの仮面舞踏会。もう一方は大衆による、街中を騒ぎながら練り歩くお祭であった。

現在のリオのカーニヴァルは大衆側の祭から生まれてきたものだといえるだろう。彼らは地域の共同体、あるいはクラブをつくって、音楽を鳴り響かせて通りを練り歩いていた。彼らはばか騒ぎの中で政府への批判を訴えていた。実際、音楽という遊びで自身の意見をカモフラージュさせつつ、多くの人々に呼びかけることのできるという点でカーニヴァルはまたとないチャンスだった。こうした特徴は現代にまで引き継がれており、サンバの歌詞もよく貧困や抑圧からの開放がテーマになっている。

年を経るにつれて、祭の規模は拡大し、街の文化の一部となっていった。まず、カーニヴァルでパレードを行うグループのことをBloco(ブロッコ)(原義は英語の“ブロック”と同じ)と呼ぶようになった。そのひとつであるDeixa(デイシャ) Falar(ファラール)〔意味は「好きに言わせろ!」〕(Estácio地区)が人気を得てどんどん大きくなり、いつしかEscola(エスコーラ) de() Samba(サンバ)と呼ばれるようになった。Escola de Sambaの名前の由来には2つの説がある。まず、優秀なサンバ奏者のことをProfessor(プロフェッソール)(先生)と呼んだことから"escola(学校)"となった。もうひとつはDeixa Falarの本部の近くに学校があった、ということである。

Escola de Sambaはその後、リオの各地に増えていき、1932年に初のEscola de Samba同士が競い合う、サンバパレードの大会がPraça(プラッサ) Onze(オンゼ)で行われた。その大会の主催はジャーナリストMário Filhoが率いるMundo(ムンド) Sportivo(エスポルチーヴォ)新聞だった。1935年にはリオ市の主催となり、現在に至る。

そして、サンバカーニヴァル専用の会場"Sambódromo(サンボドゥロモ)"が完成すると、ここで行われる大会が「リオのカーニヴァル」のイメージとして定着し、世界中に広がっていった。この一方で、通りを好き勝手に練れ歩くBlocoはだんだん減少していったものの、現在も根強く残っており、リオのあちこちで見ることができる。

 

MEMO  カーニヴァルの最初の音楽

昔の富裕層のカーニヴァル音楽は演奏のみで歌はなかった。サンバもまだ確立されておらず、実に様々なリズムが使われていた。たとえば、ポルカやタンゴ、チャールストン、その他のブラジルの伝統音楽など、多岐にわたった。1880年代になってようやく歌が歌われるようになった。それはマーチ曲だった。その中でもっとも有名な曲はChiquinha(シキーニャ) Gonzaga(ゴンザーガ)"O() abre(アブリ) alas(アラス)"(1899)である。その後、カーニヴァルの音楽はサンバにとって換わられ、「カーニヴァルといえばサンバ」というように定着した。ちなみに、12月2日はDia Nacional do Samba(サンバの日)とされている。

 

MEMO  カーニヴァルの日にちの決め方

カーニヴァルは年ごとに開催日が異なるが、これはPáscoa(パスコア)(イースター)によってカーニヴァルも決まるからである。Páscoaは春分(ブラジルでは秋分)の日後に始めて起こる満月の後の最初の日曜日である。カーニヴァルはそのPáscoaから7週間前の日曜日と定められる。カーニヴァルはそれから月、火と3日間つづく。次の日の水曜日はCinzas(スィンザス)(灰の水曜日)と呼ばれ、ここからQuaresmaが始まる。

 

MEMO Quaresmaとは?

Quaresma(イースター前の40日間)。この40日間は、肉を食べること、お祭を行うこと、その他あらゆる娯楽、そしてセックスまでも禁じられる。禁欲の40日間である。これは昔のことで今日は形骸化し、禁欲の決まりもあまり重要視されていない。

 

 

南米格安航空券検索

 当社のオンラインシステムは即カード払いではありません予約完了後、メールにて予約確認書と振込用紙をお送り致しますので、予約後72時間以内にお振込みお願い致します。

 航空券の種類及び航空会社の事情により早く発券をする場合は別途ご連絡させて頂きます。