リオデジャネイロいろいろ

 

リオ・デ・ジャネイロのいろいろ

 

 

 

「一月の川」

 

リオ・デ・ジャネイロ――ブラジル南東部、Guanabara(グアナバラ)湾沿岸に広がるこの美しい街では、毎日お祭りのようなにぎやかな生活がいとなまれている。海、太陽、山々、音楽、ダンス、料理、サッカー、カーニヴァル、そして人々…この街に存在するすべてのものがすばらしい輝きを放っている。

 

この街は今から約500年前、1502年1月1日に産声を上げる。この日、ポルトガル人の探検隊がGuanabara湾を発見し、この地にRio(ヒオ) de() Janeiro(ジャネイロ)という名を与えた。日本語に直訳すると「一月の川」。探検隊は、Guanabara湾を川の河口だと思ったのだ。リオ・デ・ジャネイロはこんな勘違いから始まったのだ。

さて、この章では、まず、街の歴史、データなど、リオデジャネイロの基本を紹介しよう。これから、リオという街を知っていく上で、きっと役に立つであろう、豆知識が満載だ。

南米格安航空券検索

 当社のオンラインシステムは即カード払いではありません予約完了後、メールにて予約確認書と振込用紙をお送り致しますので、予約後72時間以内にお振込みお願い致します。

 航空券の種類及び航空会社の事情により早く発券をする場合は別途ご連絡させて頂きます。