III-地下鉄Metrô

 

地下鉄はMetrôと呼ばれている。街の南北を結んでいるこの地下鉄の開通は1979年。東京に比べると実にシンプルだが、渋滞もないし、暑さからも逃れられるので、市民にとって重要な交通手段の一つとなっている。

リオの地下鉄は今のところ2路線だ。Linha1,Linha2である。

Linha1Saens(サエンス) Peña(ペーニャ)(市内北部)からSiqueira(スィケイラ) Campos(カンポス)(市内南部のCopacabana)まで27分、上りは26分で結ぶ。Linha2Pavuna(パヴナ)Estácio(エスタスィオ)をつないでいる。運行間隔は平均5分間だ。

切符は定額制で、全区間、同一料金で乗れる。また、65歳以上、6歳未満と、身体障害者は無料である。

ちなみに往復券や回数券など、数種類の切符が用意されている。

 街の中心部を通っているので、なかなか便利だが、とくにSambódromoCentral駅、)やMaracanãスタジアム(Maracanã駅)などに行く時に利用するとよい。

 Integração(インテグラサォン)とは?

 Integraçãoとは、「乗り継ぎ」ということだ。特にリオでは地下鉄バス(逆もあり)の乗り継ぎが出来る。

 現在、地下鉄の代替として運行されているバスが、利用価値の高いIntegraçãoだ。将来地下鉄を通す計画のあるところに、地下鉄が完成するまでの代わりとして、地下鉄の運営会社Metrô Rioが運営しているバスだ。これらのバスは"Metrônibus(メトロニブス)"と呼ばれる。"Metro(地下鉄)""Onibus(バス)"という造語だ。

 あらかじめ地下鉄の駅で"Metrônibus"用の切符(地下鉄は定額性なので、普通の切符と値段は変わらない)を買えば、その切符をもって、バスに乗ることができる。地下鉄の延長だと考えれば分かりやすいだろう。逆に、Metrônibusから地下鉄に乗り継ぐことももちろん可能だ。その際は、あらかじめ回数券を用意しておくか、バスに乗ったときに料金を払って切符を購入すればよい。その切符で地下鉄にも乗れる。

現在、"Metrônibus"は以下の3路線が運行されている。しかし、注意しなければならないのは、日曜日は運休ということだ。

 

始点(Saida

終点Ponto Final

Siqueira CamposCopacabana

Praça General Osório e Praça N. Sra. da Paz Ipanema

Siqueira CamposCopacabana

Univerisidade(ウニヴェルスィダーヂ) PUC(プッキ) (Gávea)

Siqueira CamposCopacabana

Praça(プラッサ) Antero(アンテロ) de() Quental(ケンタウ)Leblon

Estação Botafogo

Av. João Luis Alves (Urca)

 

Metrô(メトロ)-Rio(ヒオ):

営業時間(Funcionamento:平日5:00~0:00 日祝日7:00~23:00

Site: http://www.metrorio.com.br

integraçãoについてのより詳しい情報は : www.metrorio.com.br/Sac/itinerarios.asp

 

南米格安航空券検索

 当社のオンラインシステムは即カード払いではありません予約完了後、メールにて予約確認書と振込用紙をお送り致しますので、予約後72時間以内にお振込みお願い致します。

 航空券の種類及び航空会社の事情により早く発券をする場合は別途ご連絡させて頂きます。