地区ごとのホテル

 

Centro, Glória(グロリア), Catete(カテッチ), Flamengo, Botafogo

 これらの地区は街の発展の出発点となった地区で、ここに点在する博物館、美術館、教会、文化センター、記念碑などを訪ねることで、リオの歴史についてよく知ることができるだろう。

 Santos(サントス) Dumont(ドゥモン)空港からZona sulに向かってParque do Aterro do Flamengoがある。ここは海に望む美しい緑地で、スポーツ場やMAM(マン)Museu(ムゼウ) de() Arte(アルチ) Moderna(モデルナ):現代美術館)がある。景観設計家Burle(ブウレ) Marx(マルクス)によって設計されたAterro do Flamengoは特に週末になると多くのカリオカがやってくる有名なレジャーポイントだ。

これらの地区は基本的にビジネス街なので、仕事の為に滞在している場合は便利だ。市内のほとんどの商用施設や事務所が集中している。

また、カーニヴァル目当てで来た人にとっても便利だろう。CentroからSambódoromo(サンボドロモ)へは徒歩25分程で行けるし、カーニヴァルの衣装のコンペティションがHotel(オテウ) Glória(グロリア)で毎年開かれている。

 一方、この地区で不便な点は、ビーチに行く時、タクシーかバス、地下鉄を使わなければならないことだ。FlamengoBotafogoのビーチはGuanabara湾に面しているため、海水浴には適さない。

 さらに、Centro以北は治安があまりよくないため、特に人通りが極端に減る夜はできれば外出しないことが望ましい。

名前 地区 ランク 住所 電話 Web
Novotel Centro 3★ Av. Marechal Camara, 300 3506-8500 www.novotel.com
Windsor Guanabara Palace Centro 3★ Av. Pres. Vargas, 392 2195-6000 www.windsorhoteis.com
Windsor Asturias Centro 3★ R. Senador Dantas, 14 2195-1500 www.windsorhoteis.com
Windsor Florida Flamengo 2★ R. Ferreira Viana, 81 2195-6800 www.windsorhoteis.com
Ibis Santos Dumont Centro 2★ Av. Mal. Camara, 280 3506-4500 www.ibis.com.br
Novo Mundo Flamengo 2★ Praia do Flamengo, 20 2105-7000 www.hotelnovomundo.com.br
Ibis Centro Centro 2★ R. Silva Jardim, 32, torre 1 3511-8200 www.ibis.com.br
Grande Hotel Sao Francisco Centro 2★ R. Visc. de Inhauma, 95 2121-1212 www.hotelsaofrancisco.com.br
Atlantico Business Centro 2★ R. Senador Dantas, 25 3626-7000 www.atlanticobusiness.com.br
Hotel OK Centro 2★ R. Senador Dantas, 24 3479-4500 www.hotelok.com.br
Regina Flamengo 2★ R. Ferreira Viana, 29 3289-9999 www.hotelregina.com.br

 

 

MEMO  地名の由来

Praia(プライア) do() Flamengo(フラメンゴ)

17世紀、ここにはオランダの海軍が常駐していた。Flamengoとはフラマン語という意味であり、これはオランダのある地域で話されている言葉だ。

Santa(サンタ)Teresa(テレーザ)

  750年に建てられたSanta Teresa修道院(現存。住所:Ladeira de Santa Teresa,19)が名前の元となった。

Castelo(カステロ)

都市開発の為に崩されてしまったMorro do Casteloがあった地域を現在は、Casteloと呼んでいる。"Castelo"とは城の意味だが、昔、丘に建っていたMatriz de São Sebastião教会の主塔がヨーロッパ中世の城に似ていたためこう呼ばれた。

Largo(ラルゴ)do()Machado(マッシャード)

Corcovadoのふもとにある広場だが、むかし、ここにはある一軒の肉屋があった。この肉屋の主人は客の注意をひくために、看板として店の表に大きな斧を掲げた。だから、Largo(広場)do Machado(斧の)となったというわけだ。この肉屋は今はもうなくなってしまったが、名前だけはしっかりと残っているのだ。

Morro(モーホ)da()Viúva(ヴィウヴァ)

 昔、この丘の持ち主がなくなり、その未亡人が一人残って丘に住んでいたことからこの名が付いた。Viúvaとはすなわち未亡人ということだ。

Urca(ウルカ)

実はこの名前は、ある企業の略称だ。むかし、この地域の埋め立てや土地整備を請け負っていたUrbanização(ウルバニザサォン) Carioca(「カリオカ開発会社」といった意味)の頭2文字ずつをとって"Urca"というわけだ。

Botafogo

この地区も、昔の所有者João(ジョアォン) Pereira(ペレイラ) de() Souza(ソウザ) Botafogo(ボタフォーゴ)の名前が起源だ。しかし、おもしろいのは、この"Botafogo"という言葉そのものの由来だ。もともとの意味は要塞や戦艦に設置された大砲に点火する役目を負った兵士の呼び名だった。つまり、"bota(付ける)" + " fogo(火)"というわけだ。

それが、1519年製のポルトガルの戦艦São(サォン) João(ジョアォン) Batista(バチスタ)号の愛称にもなった。それは、非常にたくさんの大砲がとりつけられていて、強烈な火力を誇示していたからだ。

この戦艦が数々の偉業を成し遂げたので、その力にあやかって、苗字に"Botafogo"をとりいれる人が増え、苗字として定着していった。

南米格安航空券検索

 当社のオンラインシステムは即カード払いではありません予約完了後、メールにて予約確認書と振込用紙をお送り致しますので、予約後72時間以内にお振込みお願い致します。

 航空券の種類及び航空会社の事情により早く発券をする場合は別途ご連絡させて頂きます。