IIホームステイ(Homestay)

リオのホームステイプログラムはアメリカやヨーロッパのように組織化されていない。ホームステイに興味があるならば、大学や、外国人向けポルトガル語教室、ロータリークラブ、ブラジル日本文化協会、領事館などの組織と相談しながら情報を集めることをお勧めする。

リオでは、コンタクトのとり方ははっきりと決まっておらず、ホームステイは訪問者を家に迎えいれることができる友人を紹介されることから始まる。

コンタクトがとれたら、値段と滞在期間を交渉することが必要だ。

ブラジル人は訪問者に対してやさしく接してくれる。会話が好きで、外国人に街を紹介したり、一緒に遊びに行ったりすることをいとわない。ホームステイは、地域の文化やポルトガル語を学びたい人にとっては、間違いなく、興味深い方法の一つだろう。

 

III– アパートを借りる(Alugando(アルガンド) apartamento(アパルタメント))

 

アパート(Apartamento)を借りようと思ったら、まずはCorretora(コヘトーラ) de() Imóveis(イモーヴェイス)(不動産屋)を探す必要がある。

 

賃貸の正式な契約を交わすには、以下のものを提示しなければならない。パスポート、RNE(外国人登録証)、CPF(納税者番号)、Comprovante(コンプロヴァンチ) de() Renda(ヘンダ)(所得証明)、Fiador(フィアドール)(保証人)だ。契約期間は一般的に30ヶ月だ。契約時に払うのは、Condominio(コンドミニオ)(管理費)と家賃一ヵ月分だ。

ブラジルでは、アパートによって、Depósito(デポズィト) de() Garantia(ガランチア)(保証金)が必要なところもある。これは契約が終了した時に返還されるものだ。だが、礼金を払う習慣はない。

 

 

短期間の賃貸(Aluguel(アルゲウ) por(ポル) Temporada(テンポラーダ)) 

 

もうひとつの賃貸形態があり、それはAluguel por Temporadaというものだ。簡易的な契約で、街に滞在する外国人がよく利用する形態だ。

 

この短期間契約では、所得証明や保証人は必要ない。必要なのはパスポートの提示と前家賃だけだ。

 

契約期間は30日~90日だが、リオは観光客が多いので、30日契約のところが多いようだ。もちろん、契約の更新をしてより長い期間住むこともできる。Temporada用のアパートには家具が備え付けられている。

 

賃貸業者によっては、保証金を支払わなければならないところがある。これも、契約終了後に戻される。

 

街にはAluguel por Temporadaを扱っている不動産屋がたくさんある。特に、Zona Sulにある不動産屋は外国人向けに賃貸を行なっているところが多い。

 

しかし、できるなら、契約を交わす前に、住みたいと思っている地域の治安や建物の状態について、ブラジル人の友達にアドバイスをもらった方がよい。また、住居や契約についてなにか疑問に思うことがあったら、領事館に相談してもいいだろう。

 

アパートを探すには直接不動産屋をあたるほかに、新聞にある"Classificados(クラスィフィカードス)"というコーナーで探す方法もある。このコーナーには不動産屋が紹介している物件もあるが、大家自身が紹介しているものもあるので、業者の仲介なしに直接契約することも可能だ。

 

ポイント1:ブラジルでは"Apartamento"という言葉は集合住宅全般のことを指す。日本でいう「マンション」もApartamentoだ。購入したり、借りたりする価格は、立地条件や部屋数によって決まる。ワンルームのアパートにあたるものは、"Conjugado(コンジュガード)""Kitnet(キチネッチ)"と呼ばれる。

ポイント2:家賃の相場や地域について最初に見当をつけるには、O() GLOBO(グローボ)Classificados Online(オンラインの情報欄)を見るのがお勧めだ。

ホームページ:classificados.oglobo.com.br

 

電気、ガス、水道の料金はアパートを借りた時に毎月支払う。Condomínio(コンドミニオ)(共益費)の中に含まれることが多い。

 

IV –電気(Luz(ルイス))

ブラジルの電圧は110Vと220V。リオは110Vである。リオにかぎって言えば、100Vの電化製品でもそれほど問題は無いようだが、パソコンなどの精密機器はやはり変圧器を通した方がいいだろう。

 

V –ガス(Gás(ガス))

 

ガスは基本的にプロパンガスだが、ボンベは大抵建物の外側にあるので、交換の際もアパートなどの場合は気にかける必要はない。ただし、古いアパートや一軒家に住む場合はボンベが建物の中に設置されているところがあって、定期的に業者に家に敷地内のボンベを交換してもらう必要がある。

 

VI –水道(Água(アグア))

 

加熱すればそれほど問題ないが、やはり生水は避けたほうがいいだろう。もし、水を飲みたいときはフィルターを通すとよい。

 

 

 

 

南米格安航空券検索

 当社のオンラインシステムは即カード払いではありません予約完了後、メールにて予約確認書と振込用紙をお送り致しますので、予約後72時間以内にお振込みお願い致します。

 航空券の種類及び航空会社の事情により早く発券をする場合は別途ご連絡させて頂きます。